家を建てたくて
弁護士に依頼してから早2か月とちょっと経ちました。

やっと、相手が境界線の工事をしてもいいと認めました。

これまでに分かったこと

・相手は嫌がらせをしていた(うすうすはわかっていたけどやっぱりかって感じ)

・自分の土地の修復もこの際うちにやらせようとしていること(自分の境界線内のコンクリートやブロック塀もうちの費用でやらせようとしている)

・境界線の確認書の押印をしてあげることをたてにあれこれ自分のしたいように脅してきている

・弁護士が入っている今でさえ不法侵入している。(これは弁護士に伝えたら、あの人は人には文句を言って自分はやってもいいと思っている自分中心の人だから、と)

・近所で噂になっている(そりゃ、境界線の塀を壊して半年もそのままにしていたら近所の人は不振に思うはず)

・頼んだ弁護士が偉大だったこと。(隣人に最後の負け惜しみを言われ、隣人は威張って高圧的だけどちっちゃい男だなと思った。ちっちゃい男だというのは、営業さんも言ってた。誰も相手にしてくれない、寂しい人なんだと)

・工事業者を変え、大手ハウスメーカーがなしえないスピードで依頼した業者が工事をすることにこぎつけたこと(大手のハウスメーカーの営業を始め社員は無能だったこと)

・ハウスメーカーにガッカリしたこと(トラブルに慣れていないのか、相手の言いなりで依頼主である私たちに不利な状況になっている、お金や時間の面で)

いろいろいろいろありました。

が、無事に家が建ちそうでやっとここに
書き込むことができる心境になりました。

家が建ち始めたらもっと更新していきたいと思っています。

家は気に入っています。
ハウスメーカーには幻滅していますが家に罪はありません。
好きな間取りで好きな家具で出来上がるのを楽しみにしています。

ハウスメーカーが隣人から妨害されて工事が滞ったら
ハウスメーカーの弁護士を出してもらうようにお願いしました。

私の依頼した弁護士さんとの契約はもうすぐ終了です。


弁護士さんに、「誰がこのハウスメーカーを選んだのか?」と聞かれたときに、
もっと他にいいところがあったんじゃないの?と心の声を聞いた気がしましたが、気のせいだと思いたい。

自分の気持ちを納得させるためにいろんなことを考えこじつけ、心の整理をしている毎日。

朝起きると、いつも気持ちは沈んでいたり元気だったり、躁うつ病のような感覚です。

きのうは、頑張ろう!と思っているのに翌日には憂鬱でやる気がなくなって不安になっている。

そんな自分の気持ちが不安定な状況から脱出し、

早く解決して家をたてて、新しい家に住みたいです。


あと少しよろしくお願いします。


最後まで見ていてだき、ありがとうございます

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。